熱回収のメリットとデメリットについて

subpage-img

熱回収とは、廃棄物を焼却処理する際に生じる熱を回収し、再利用すると言う技術です。
主にプラスチックごみなど、細かく分類できるものの、原料としての時点で混ざり合っているため、事実上それができないような廃棄物に対して用いられます。

また、これによって回収された熱は、発電やエコセメント、あるいは温水などの熱源や冷房用のエネルギーとして活用されます。

朝日新聞デジタルの様々な相談を受けることができます。

熱回収のメリットは、前述の通り、分別が困難な廃棄物をまとめて処理できることと、それによって生じたエネルギーが無駄にならないという点にあります。

また、業者側にとっては、これらのメリットにより、その処理施設が割と受け入れられやすいということ、従来の埋め立てによる処分に対して、熱回収の方がコストが安くなることも、メリットに挙げることができるでしょう。

排熱利用を詳しく調べるなら便利なサイトです。

一方、そのデメリットとしては、やはり、廃棄物の焼却によってダイオキシンなどの有害物質が生じるということが挙げられます。

しかし、これについても、高温で完全焼却することによってダイオキシンを発生させないような方法も生み出されており、この点については改善されつつあると言えます。
そのため、現在ではメリットの方が多く、一般的に利用される手段となっているのです。
なお、熱回収のことをサーマルリサイクル(ThermalRecycle)とも言いますが、これは和製英語であり、海外ではサーマルリカバリー(ThermalRecovery)と呼ばれています。

これは、廃棄物を熱エネルギーに還元することがリサイクルとはみなされていないためです。その定義についてはともかく、海外で熱回収の話をする時には、注意する必要があると言えるでしょう。



top